読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち子ども

くすっ、えっ!、うるっ…✧

マイペースくんのススメ

こんばんは!

自転車に空気を入れて爽快な気分のかあちゃんです。

みなさんが使っているような電動自転車じゃなくて、普通のヤツですよ。手動の。あ、足動?

やっぱり、自転車でも、人間でも、

適度にメンテナンスして

新しい空気を入れてあげないと

だめになっちゃいますね(^ ^)ははっ

 

今回のお話は

みなさんもきっと知っている

どこにでもいる

何かしらの行動が一歩遅れがちな男の子。

 

お支度をするのが遅い、

ご飯を食べるのが遅い、

…いろいろありますよね?

 

マイペースくんと呼びましょう。

 

マイペースは、良くも、悪くも、捉えられますよね〜

 

私もよく、マイペースくんには、

よおし!いそぐぞ!ヨーイドン!

とか、

早く食べないと先生が食べちゃうぞ〜〜うがあああ〜

とか、

 

ペースを早くする声を掛けがちです。

 

でも、そんな彼が、前、

ちいさなお手紙をくれたんです。

自由時間がちょうど終わった時に。

 

f:id:ka--chan:20160913233239j:image

f:id:ka--chan:20160913233241j:image

「はい。せんせ。ぼく、まだ、なまえはかけなかったけど。」

 

一所懸命、せっせせっせと、

クレヨンやら自由帳やら、はさみと格闘しながら

長いことやってるなーなんて思ってたら

 

こんな素敵なプレゼントをくれました。

 

「嬉しい!!本当に嬉しいよ!

字は、書きたくなったら、先生が教えてあげるから、一緒にやろうね。」

 

素直に嬉しかったので、その気持ちを伝えると、

翌日も、

翌週も、

マイペースくんはよくお手紙をくれるようになりました。

 

もちろん、ハートだけですけどね。

 

自分の持っている、限られた時間の中で、

その時間をめいっぱいつかって、

私を喜ばせたくて、お手紙を書いてくれる。

 

私は、忙しい忙しいが口癖だけど、

限られた時間の中で、

誰か1人のために、こんなに時間を割いているかなあ(´-`).。oO

 

いつの間にか私は、時間を効率的に使うことばかり考えて

自分の時間を勝手に有限化して

時間がない、時間が足りないって言い訳して

誰かのために一所懸命になること

しなくなってるよなあ(´-`).。oO

 

 

たまには、マイペースくんに、なってみよう。

 

そう思ったかあちゃんでした☺️